Scroll to Content

Information

告知

New works by three participating artists, commissioned for Performance at Distance  will be premiered on September 7th .

来たる9月7日にPerformance at Distance にて、3名の参加アーティストによる新作を公開します。

Borderlands

coming soon!

 

Revised-Invite

Responding: International Performance Art Festival and Meeting has joined an international movement in support of democracy and basic human rights, Trans National Coalition for the Arts, so called Transnation on April 4, 2021.

Together with individual artists and cultural workers, art groups and organizations around the world, we will continue our projects by standing with the people of Myanmar who have been suffering under the current conditions since the military coup d'état February 1, 2021.

 

Please join Transnation FB page here.

 

Responding: International Performance Art Festival and Meeting(国際パフォーマンスアートフェスティバル『レスポンディング』)は、民主主義と基本的人権を擁護する国際的なムーヴメントである、トランスネーションの2021年4月4日から参加しています。

世界中のアーティストやカルチャーワーカー、アートグループや団体と共に、2021年2月1日の国軍によるクーデターから苦境の最中にあるミャンマー市民を応援しています。

 

トランスネーションのフェイスブックページこちら

 

 

Responding: at the COVID-19 pandemic

コロナ禍におけるメッセージ

Responding: International Performance Art Festival and Meeting is a new challenge that seeks to “respond” to social issues and problems through performance art and thus facilitating critical dialogue between art and society. The current social issues are, at the very least, the recent pandemic and the accompanying economic crisis, which is common to all human beings regardless of country or region. Performance art must undoubtedly “respond” to this challenge. R3: Scape-City had selected two activity bases, Singapore and Suwa, both in the West Pacific region where the effects of the pandemic are miraculously mitigated. One is the world’s financial and innovation center, a young megacity with a population of 5.6 million, and another is a group of small cities with a population of 200,000 that have maintained a festive performance throughout the 30,000-year history in the geographical center of Japan. One is a base for transmitting modern art movements such as TAV (The Artists Village), and another is a base for concentrating animistic art from Jomon (Neolithic culture) art to Yutaka Matsuzawa’s conceptual art. Our aim is to connect these two extremely contrasting bases and develop mutual “responses” through research, creation, and performance of artists and communities, thereby creating a milestone for the after-corona true multicultural society.

Hotaka Ishino (R3: Scape-City Organizing Committee Chair)

 

*Due to the critical conditions of the pandemic, small group of participating artists and researchers residing in Japan have done activities in June, 2021.

Responding: International Performance Art Festival and Meeting(国際パフォーマンスアートフェスティバル『レスポンディング』)は、社会がはらむ課題にパフォーマンスアートを通じて「応答」し、アートと社会の批評的対話を促進しようとする新たな挑戦です。現在の社会的課題とは、とりもなおさずこのたびのパンデミックとそれに伴う経済危機であり、それは国や地域の別なく人類共通の課題です。パフォーマンスアートは、疑う余地なくこの課題に「応答」しなければなりません。R3: Scape-Cityは、その活動の場として、偶然にもパンデミックの影響が奇跡的に少ない西太平洋地域に属する2地域、シンガポールと諏訪を選んでいました。世界の金融とイノベーションの中心の一つである人口560万人の若いメガシティと、日本列島の中心で3万年の歴史を通じて祝祭的パフォーマティブを持続させてきた人口20万人の小都市群。あるいは、TAV (The Artists Village) に代表されるコンテンポラリーモダンアートムーブメントの発信拠点と、縄文アート(新石器文化)や松澤宥のコンセプチュアルアートを生んだアニミズム的アートの熟成拠点。私たちは、このきわめて対照的な2拠点を結び、アーティストとコミュニティの研究・創造・パフォーマンスを通じた相互「応答」を展開することにより、アフターコロナの真の多文化共生社会に向けたマイルストーンを築くことを目指します。

石埜穂高(R3: Scape-City 実行委員会代表)

 

*コロナ禍の世界的状況を鑑みて、2021年6月末に日本国内在住の参加アーティスト及びリサーチャーのみでの活動を行いました。

Performance at Distance

距離の中のパフォーマンス

The global spread of COVID-19 has made transnational mobility difficult, and communication has compelled to have physical distance. It has become challenging to share performances in the same space and to achieve the festivity that emerges from the specific sites. Following these situations, R3: Scape-City uses the online platform to explore the possibilities of performance art as an experimental venue for new performative communication that is neither live performance nor video art.

The artists, who intended but now not possible to participate in the R3: Scape-City in the town of Shimo-Suwa, Nagano prefecture, will produce a performance for online in a way that is currently possible for them, depending on the situation they are in. Responding to the conditions we are now facing, we aim to promote interactive communication through online performative practices that connects directly local and local globally as well as to bridge between this particular time.

新型コロナウイルスの世界的蔓延により移動が困難になり、コミュニケーションにおいても物理的な距離が必要となった現在、パフォーマンスの臨場感を同じ空間で共有することや場所に根ざした祝祭性を実現することが難しい状況になりました。そのため、R3: Scape-Cityは、オンラインというプラットフォームを使って、ライブパフォーマンスでもなくビデオアートでもない、新たなコミュニケーションが生まれる実験的な場として、パフォーマンスアートの可能性を探ります。

R3: Scape-Cityに参加し、長野県下諏訪町を訪れる予定であったパフォーマンスアーティストには、いま彼らが置かれている状況に応じて、それぞれの仕方で現在可能な方法でのパフォーマンスを行ってもらいます。私たちが現在直面している状況に「応答(respond)する」ことで、地球規模でローカルとローカルを直接結ぶ、オンラインでのパフォーマティブな実践を通じたインタラクティブな交流を試みます。

Discursive Arena

言説の場

"RESPONDING"to the works in Performance at Distance, we commission researchers, critics,  curators and artists from contemporary art world and beyond for writing contributions in our experimental platform: Discursive Arena where we analyze and understand  each work and think of new possibilities in  performance art, and also hope to raise various discussions of relevant present tense issues and interests. It will be further extended by responses by the visitors on the comment sections in each contributors' pages.

私たちは実験的プラットフォーム:Discursive Arenaを立ち上げました。ここでは、現代美術やその他の分野からの研究者、評論家、キュレーターやアーティストにPerformance at Distanceの作品に「応答」の寄稿を依頼し、それぞれの作品の分析と理解を試み、パフォーマンスアートの新たな可能性を探りながら、現在の社会状況における様々な課題へと議論が湧き上がることを期待します。そして、各寄稿者のページに設置したコメント欄にて、来場者のみなさんからも、更なる応答を集めることで議論を拡張していきたいと考えています。